─────────────────

平成30年10月2日 週刊上達 第10号


10年経っても忘れないアドバイス


IGOホールディングス 代表取締役 井桁健太
http://igoholdings.jp/

─────────────────
【[1]近況報告 】

◆Kさん、Sさん、
『上達の約束』への申込ありがとうございました!

それぞれの目標に向けて
これからがんばっていきましょう!


◆昨夜から熱が出てしまいました。

寝ても40分程で目がさめてしまい
なかなか寝苦しい夜でした。

季節の変わり目で体調を崩さないよう
みなさんもお気をつけください。

─────────────────
【[2]イベント案内 】

第7回『上達の診療所』


あなたは自分の「生活習慣病」に気づいていますか?

思うように上達しない理由は、
ひとりひとり違います。

盤上の町医者、
『上達の診療所』に一度かかってみませんか。


◇詳細

・日時:10月28日(日)12:00-14:00

・会場:いずみ囲碁ジャパン(神田駅から徒歩1分)

・定員:6名

・テーマ:未定

・対象

自分の囲碁の課題と現状を知りたい方


・診療所スタッフ
 村上深
 井桁健太

・料金:3,000円(席料込み)

─────────────────
【[3]今週のコラム 】

『上達の約束』の講師陣で書いているブログです。

・上手の置き碁戦略
−秘策その2 弱い石に意識を向けさせるー (村上)
http://jotatsu-promise.com/look-away/

あなたは白をもったとき、このワザをもっていますか。


・シップは傷を治さない (根本)
http://jotatsu-promise.com/shippu/

痛くなったらシップ、それで本当にいいですか。

─────────────────

【[4]今週のハイライト】

※画像がみれない方はURLからご確認ください


今週のハイライトは

碁聖戦予選Aより
仲邑信也九段(黒)VS羽根直樹九段(白)の一戦です。


羽根直樹九段のあだ名をご存知でしょうか?

その名も「忍の貴公子」と言い、
シノギの名手として知られています。


「攻められなくては碁を打った気がしない」

と言ったとか言わないとか、
そんな根も葉もない言葉すら聞こえてくるほどです。


しかし私は、
ここでもう1つのあだ名を付け加えたい。

それは「昭和の男」。


最先端の囲碁は
AI流を語らずにはいられませんが、

羽根九段はかたくなに
AIが駆使する戦法を採用せず、

自分が理解し納得している一手だけを
積み重ねていく信条だと聞き及んでいます。


いわく

「アマの方でもわかる普通の手を打って勝ちたい」

とのこと。


この信念、心意気。

尊敬の念をこめて
「いよっ、昭和の男!」と呼びたいのです。




http://jotatsu-promise.com/wp-content/uploads/2018/10/2018100201.png

まだ6手目、何の変哲もないコゲイマジマリです。

しかし、現在のプロの碁では
このコゲイマジマリも絶滅危惧種。

もっぱら打たれるのは
オオゲイマジマリか、二間ジマリ。

どこか、懐かしさを覚えます。




http://jotatsu-promise.com/wp-content/uploads/2018/10/2018100202.png

このスベリも同様で、
最近は一路左にツケることが非常に多い。

しかし、羽根九段はつい最近まで
もっとも普通とされてきたこのスベリを採用しました。




http://jotatsu-promise.com/wp-content/uploads/2018/10/2018100203.png

右上一帯に黒の巨大な模様ができつつあります。

そこへ、白1と単騎突入しました!
まさに「忍の貴公子」の面目躍如です。

それぞれの1手はごくごく普通の手です。

しかし、羽根九段はこれらの手を打って、
そして勝ちました。

まさに平明流といえ、

信念を貫きとおした姿に
あこがれを抱かずにいられません。


永遠なれ、羽根直樹。

永遠なれ、昭和の男よ・・・。

─────────────────
【[5]井桁の一言 】

《10年経っても忘れないアドバイス》

ぼくは中学・高校と
ソフトテニス部に所属していました。

特に高校では仲間にも恵まれ、
本当に充実した部活動でした。


高校時の顧問は、
単に教師の仕事として担当していただけでなく

技術面から精神面まで
熱心に多くのアドバイスをしてくれました。


その中で10年経った今でも覚えている言葉があります。 

「相手に点を与えてしまったとしても、
 攻めた結果ならば気にするな。」

この一言を、普段の練習のときからよく言っていました。


当時はミスしたあと、
気持ちを切り替えさせるために言っているんだろう、

としか思っていませんでした。


しかし今振り返ってみると、

「その姿勢で練習することが、
 次の上達につながるんだ」

という意味も込めていたんだと思います。


常に自分のプレースタイルを見直し、
必要であればフォームの修正をしてみる。

試合中にチャンスと思えることがあれば、
思い切ってそこを攻めていく。

いろいろな試行錯誤をしていく中で、
僕のソフトテニスの幅はとても広がりました。

このことは囲碁でも同じように言えるでしょう。


「相手に点を与えてしまったとしても、
 攻めた結果ならば気にするな。」

今の自分にもう一度言い聞かせていきます。

─────────────────

【ご感想お待ちしています!】

『週刊 上達』を読んでみたご感想を
ぜひお聞かせください。

皆様の言葉が、私たちの力になります。

ご感想・ご意見は
こちらのメルマガに返信する形で送れます。

※その際はお名前もお願いいたします。

─────────────────
◇「週刊 上達」の登録・解除はこちらから
http://i-magazine.jp/bm/p/f/tf.php?id=igoholdings
copyright (C) 2018- IGO Holdings & Kenta Igeta All Rights Reserved.
─────────────────