─────────────────

平成30年10月9日 週刊上達 第11号


棋士が書いた本を読む


IGOホールディングス 代表取締役 井桁健太
http://igoholdings.jp/

─────────────────
【[1]近況報告 】

◆Mさん、『上達の約束』への申込
ありがとうございました!

「ライバルに勝ちたい」という気持ちは
ものすごく強い力をもっています。

コース終了後に勝利できるよう
僕らもサポートしていきます。


◆このあいだ鍋料理をつくりました。

鍋に人参を入れる際、

飾り切りの「ねじり梅」に挑戦したのですが
うまく花びら型になりませんでした。

料理の腕も少しずつ
上達していきたいと思います。

─────────────────
【[2]イベント案内 】

第7回『上達の診療所』

あなたは自分の「生活習慣病」に気づいていますか?

思うように上達しない理由は、
ひとりひとり違います。

盤上の町医者、
『上達の診療所』に一度かかってみませんか。


◇詳細

・日時:10月28日(日)12:00-14:00

・会場:いずみ囲碁ジャパン(神田駅から徒歩1分)

・定員:6名(残席5名)

・対象

自分の囲碁の課題と現状を知りたい方


・診療所スタッフ
 村上深
 井桁健太

・料金:3,000円(席料込み)

─────────────────
【[3]今週のコラム 】

『上達の約束』の講師陣で書いているブログです。

【今週のコラム】

・上手の置き碁戦略
ー秘策その3 クロスカウンターを狙うべしー (村上)

http://jotatsu-promise.com/cross-counter/

このワザをみにつければ楽しい上手ライフが待ってます。


・目のつけどころの鍛え方(1) (根本)
http://jotatsu-promise.com/menotsukedokoro_1/

「目のつけどころ」に目をつけたこと、ありますか?
─────────────────

【[4]今週のハイライト】

※画像がみれない方はURLからご確認ください

今週のハイライトは

十段戦予選Cより
杉内寿子八段(黒)VS遠藤悦史七段(白)の一戦です。


杉内八段は御年91歳ですが、
まだまだ現役で手合を打つプロ棋士です。

いかに生涯現役が許される職業であるとはいっても、
最前線に立ち続けるその姿勢には脱帽です。

アマ囲碁界にも、

85歳のときに世界アマチュア囲碁選手権の
日本代表となった人がいます。

どこからそのような気力・体力が湧いてくるのか、
非常に気になりますね。



http://jotatsu-promise.com/wp-content/uploads/2018/10/2018100901.png

右下から戦いが始まっています。

白△とツケ、
右下の黒の一団にプレッシャーをかけたところですが、

ここで杉内八段は手抜きで下辺へワリウチ!

善悪はともかく、
ここまで踏み込む勝負根性は並ではありません。



http://jotatsu-promise.com/wp-content/uploads/2018/10/2018100902.png

さらに十数手進み、

下辺の黒石が中央に顔を出した・・・
というところです。


右下の黒の一団と下辺の一団が
連絡するような手を打てば安泰ですが、

それでは勝てないとみたのでしょうか。

さらに手抜き、手抜きで大場に先着しました。


リスクを省みず、
さらにエンジンはフルスロットル。

まるで10代の碁です。


この後、黒の大石が攻められ
危機に瀕しましたがしのぎきり、

さらには白の打ち過ぎを咎めて
華麗なフリカワリで得をし、

杉内八段が劣勢を跳ね返し逆転勝利しました。


う〜ん、勇気づけられるというのか、
なんというか・・・

とにかくスゴイ、の一言です。

─────────────────
【[5]井桁の一言 】

《棋士が書いた本を読む》

明日から名人戦の第4局が行われます。


挑戦者である張栩九段は

第3局目にしてシリーズ初勝利を上げ、
戦績を1勝2敗としています。

※先に4勝した方がタイトル獲得


その張栩九段が8年前に書いた
『勝利は10%から積み上げる』を先日読みました。

張栩さんが今の井山さんのようにタイトル戦で大活躍し、
日本のトップに君臨していた頃です。


こういった棋士が書いた本を読むのも、
囲碁の楽しみ方の一つといえます。
(将棋も同じく) 


この本では、
張栩さんが「失敗」をどのように捉えているのかや、

他の棋士と何がどのように違うから、
良い成績を残せるのかなど、

囲碁以外のことへも活かせる考え方が
書かれています。


ある分野で超一流になった人の考え方を

自分が夢中になっているものに
応用したらどのようになるのか。

いろんな視点から考えさせてくれる本でした。


もちろん囲碁の勉強方法についても
具体的に書かれています。

自分の勉強方法で果たして強くなれるのか
不安になったときに

張栩さんの取り組み方を
真似してみても良いでしょう。


またプロになる前に抱えていたプレッシャーや、

奥様の小林泉美さんとの
デート時のエピソードなども書かれており、

張栩さんの人柄をよく知れます。


対局中にはけっして見せない一面を知ることで
他の棋士よりも応援したくなりますし、

そういう棋士が一人でもいると、
より注目して囲碁界の対局を楽しめます。


囲碁の本は
問題集や布石などの専門書だけではありません。

棋士が書いた本を見つけたときは、
みなさんもぜひ手にとってみてください。

─────────────────

【ご感想お待ちしています!】

『週刊 上達』を読んでみたご感想を
ぜひお聞かせください。

皆様の言葉が、私たちの力になります。

ご感想・ご意見は
こちらのメルマガに返信する形で送れます。

※その際はお名前もお願いいたします。

─────────────────
◇「週刊 上達」の登録・解除はこちらから
http://i-magazine.jp/bm/p/f/tf.php?id=igoholdings
copyright (C) 2018- IGO Holdings & Kenta Igeta All Rights Reserved.
─────────────────