─────────────────
平成31年2月5日 週刊上達 第28号


教えるにも型がある


IGOホールディングス 代表取締役 井桁健太
http://igoholdings.jp/

─────────────────
【[1]近況報告 】

◆Cさん、『上達の約束』申込ありがとうございました。

大会の初段戦での全勝を目指すということで
初回は現状の確認をしました。

これからよろしくお願い致します。


◆2月1日、
都内の中小企業診断士の方が集まる勉強会にて、
囲碁講座を行いました。

15名の診断士の方が集まり、
囲碁入門を教えました。

楽しんでいただけたようでよかったです。
貴重な機会をありがとうございました。

─────────────────
【[2]上達最前線 】

今週は囲碁クエストの実況プレイです。

村上さんが黒番・白番に関係なく
初手天元を打ちます。

どういう打ち方をするのか
ぜひチェックしてみてください!

・「初手天元で囲碁クエ13路レーティング2600に挑戦 part3」

https://youtu.be/g6uYv8hntaE

※通信環境の良いところでご覧ください

─────────────────
【[3]今週のコラム 】

『上達の約束』の講師陣で書いているブログです。

・極北にて(前編) (根本)
http://jotatsu-promise.com/kyokuhoku/

皆さんの「非日常」はどこですか。

─────────────────
【[4]井桁の一言 】

《教えるにも型がある》

この間、6歳の男の子に
チェスを教えました。

元々は囲碁を教える予定だったのですが、
その場所にあったチェスセットを彼が見つけ、

「チェスを教えてほしい」と言ってきたのです。


さて困りました。

なぜなら僕は、
今まで2回しかチェスをしたことがありません。

それもそれぞれ30分くらいだったので、
入門中の入門レベルです。

定石も知りませんし、
駒の正しい使い方もちゃんとわかっていません。

ただ彼の気持ちに応えたい一心で、
自分の「教える型」を意識して臨みました。


僕の中で「教える型」というのは、

1.その時間のゴールを決める

2.そのためにできることを一緒に考える

3.終わった時に、ゴールを達成できたかを確認する

という順番のことを言います。

非常にざっくりした流れではありますが、

これを意識するだけで
やるべきことが明確になります。


今回の男の子であれば、
その時間のゴールは「チェスを触ってみること」になります。

※本来は囲碁を教えるはずでしたが(笑)


次にそのゴールに対して
自分がやるべきことを考えます。

せっかく彼が興味をもったのであれば、
「チェスって楽しい」と思ってもらいたい。

今回は、囲碁入門で教えてきたやり方を
チェス版にして教えました。

男の子がちゃんとついてこれているか確認しながら、
一通りのルールを伝え、実践してもらいました。


目的を達成できたかどうかを
確認することについては、

帰り際、その子がお母さんに
「チェスセット欲しい!」と言っていたので、
一応クリアできたと思います。


思わぬチェス指導の時間になりましたが、

僕にとっても「教える型」は
どんな分野にも応用できると気づけました。

─────────────────
【ご感想お待ちしています!】

『週刊 上達』を読んでみたご感想を
ぜひお聞かせください。

皆様の言葉が、私たちの力になります。

ご感想・ご意見は
こちらのメルマガに返信する形で送れます。

※その際はお名前(イニシャルでも可)もお願いいたします。

─────────────────
◇「週刊 上達」の登録・解除はこちらから
http://i-magazine.jp/bm/p/f/tf.php?id=igoholdings
copyright (C) 2018- IGO Holdings & Kenta Igeta All Rights Reserved.
─────────────────